かとりぶたとあじさいの、子どもと遊ぶログ

かとりぶたとあじさい夫婦による、男子3兄弟育児での体験や、考えたことのブログ。

最高のポモドーロタイマーを探して

スポンサーサイト

ポモドーロテクニックに使用するタイマーについてです。前記事はこちら。

ポモドーロテクニック実践中。使えそう! - かとりぶたとあじさいの、子どもと遊ぶログ

ポモドーロテクニック実践中。使えそう!② - かとりぶたとあじさいの、子どもと遊ぶログ

ポモドーロテクニックの手順とルールまとめ - かとりぶたとあじさいの、子どもと遊ぶログ

 

以前の記事ポモドーロテクニックは使えそう!② - かとりぶたのブログにも書いたのですが、ポモドーロテクニックはなかなか良いのですが、ポモドーロテクニックのための良いタイマーを見つけるのは簡単ではありません。

普通のキッチンタイマーはピピピピ鳴るので会社で使うことはできません。ということで、ポモドーロテクニックに使えそうなタイマーを調べてみました。

まずはオフィシャルポモドーロタイマー

以前は公式サイトThe Pomodoro Technique® - proudly developed by Francesco Cirillo | Cirillo Consulting GmbHで売っていたようなのですが、今はなさそうです。Amazon.comにその商品がありましたのでリンクを貼っておきます。

https://www.amazon.com/Official-Pomodoro-Technique-Timer/dp/B006TVTER4

オフィシャルポモドーロタイマーについては、瀬戸弘司さんがYouTubeで紹介していました。

見た目は本物のトマトそっくりで実に良いですが、タイマーが鳴るときも音が鳴るし、待ち時間もチクチク音が鳴る仕様で、ちょっと使えません。そもそも海外から輸入するほどか??という話もありますね。

iPhoneApple Watchアプリ

私が使ってみたのは以下の2つです。

Be Focused - Focus Timer

Be Focused - Focus Timer

  • Denys Yevenko
  • 仕事効率化
  • 無料

ですが、この2つ、実際にはほとんど使いませんでした。以下のどうも合わないところがあり、使いこなせなかったのが正直なところです。

  1. タイマー後の振動の時間が短く、気づかないで作業を続行してしまう
  2. タスク管理機能があるが、その日にやるべきタスク、長期的にやるべきタスクの区分などの使い分けがイマイチわからない

ネットを見ると使っている方もたくさんいらっしゃるようなので、私がズボラなだけという可能性大です。ただ、1番目の気づかないで作業を続行してしまうのは結構痛かったです。ポモドーロテクニック中の集中力は高いので、時間は忘れるし、ちょっとした振動はスルーしてしまいます。それで気づくと時間がわからなくなっているので、ポモドーロテクニックやタスクの工数管理が台無しになってしまいます。

iPhoneApple Watch純正タイマー

これはかなり使いやすいです。

  1. 振動がしつこい(自分で消すまでなり続ける)
  2. タイマー以外の機能がない(当たり前)

振動がしつこいので、気づかず作業を続行することはありません。特にApple Watchならいくら振動しても他人に迷惑をかけることはありません。

タスク管理については、私は長期のタスクはエクセル、当日のタスクはノートにつけているので、タスク管理はタイマーには要らないという結論になりました。

しかしひとつだけ、残り時間を見にくいという欠点があります。iPhoneを使った場合はiPhoneのホームボタンを押す、Apple Watchの場合は腕時計を見る動作をする(見るだけじゃダメ)という動作が必要です。できれば目配せだけで残り時間を確認できればいいですが…というわけで模索します。

バイブレーションタイマー

そこでバイブレーションタイマーを試してみることにしました。こちら。1000円くらいでした。

 

パール金属 バイブレーション タイマー ブラウン C-3239

パール金属 バイブレーション タイマー ブラウン C-3239

 

まだ使いはじめたばかりですが、これはApple純正タイマーの良い点を満たしています。

  1. 振動がしつこい(自分で消すまでなり続ける)
  2. タイマー以外の機能がない(当たり前ですが本当に何もない)

さらに、Apple Watch と違って常に残り時間が表示されているので、時間の確認が楽です。当たり前ですがタイマー以外の機能が何にもないので気が散らないのも良い点です。

というわけで、しばらくこれを使っていきたいと思います。

 

ではまた!