かとりぶたとあじさいの、子どもと遊ぶログ

かとりぶたとあじさい夫婦による、男子3兄弟育児での体験や、考えたことのブログ。

iPadで作れてiPhoneで遊べるScratch 3.0がやって来る!

スポンサーサイト

Scratch3.0ベータ版の登場

久しぶりにScratchについてです。
以前のScratch紹介記事はこちら。
Scratchを長男(小1)と見ていたら、Scratch3.0なるお知らせがブラウザ上に出ていました。
f:id:masahikoh0:20180831120708j:image:h300

β版サイトはこちら!
Scratch 3.0 GUI

どんなものなのか調べてみます。

参考にしたサイト

以下のwikiを参考にしています。
今回調べて初めてその存在を知りました。
詳しい日本語サイトがあるのはありがたいことです。
Scratch 3.0 - Japanese Scratch-Wiki

iPadでScratchができる!iPhoneで遊べる!

wikiにある「予定されている機能」には沢山の追加機能がありますが、まず一番目につくのはこれです!
今までiPadではScratch Jrしかできなかったので、Scratchをやるにはパソコンを出さないといけなかったのですが、これでFlashから解放されてiPadでできるようになります。
iPhoneでは作ることはできませんが、遊べるようです。

Scratch 3.0はタブレット端末で動作しますか?

Scratch 3.0はパソコンとタブレット(iOS 11+, Android 6+)で動作します。タブレットでは、「()キーが押された」や右クリックは、2019年の公式配信に遅れて使えるようになる予定です。
スマートフォンでは閲覧ができます。スマートフォンでの作成編集はできません。Scratch 3.0 ベータFAQ - Japanese Scratch-Wiki

 

ここに期待

なにがいいかを想像すると、こんなところでしょうか。

PCを占有されない

パソコンは家に台数がない(我が家は1台です)ので、iPadでもできるとパソコンを占有しないのでありがたいです。
パソコン出すよりiPad出す方が手軽ですし。
でもマウスがあった方が細かい作業はやりやすいかな…ここは使ってみてですね。

ほかの人に遊んでもらうのが簡単

さらに便利だと思われるのは、自分が作ったものを「遊んでもらう」ときですね。
今までは自分でゲームを作ったら、自分で遊ぶ、(自分の家で)親が遊ぶ、オンラインでパソコンで誰かが遊ぶくらいだったわけです。
でもパソコンを出す、パソコンで遊ぶのはちょっと大変です。
ここにiPadiPhoneで遊んでもらう、見てもらうが簡単にできるようになると、作った後の試しやすさ、遊んでもらいやすさがぐっと上がるなと思います。

タッチ向けのゲームが作れる

スマホにはタッチならではのゲームたくさんありますよね。
マウスではあっちこっちに行くようなゲームは難しいですが、タップするなら簡単、というものは多いです。
例えば、モグラ叩き
マウスだとずりずりポインタを引きずって回らないといけなくて大変ですが、タップなら簡単ですし、なかなか熱くなれそうです。

正式版リリースは2019年1月2日

正式版で初めてプロジェクトの共有ができるようになります。
いやいや楽しみです。

おいおい実際にβ版を使ってみたいと思います。

 

試してみた記事はこちら↓