かとりぶたとあじさいの、子どもと遊ぶログ

かとりぶたとあじさい夫婦による、男子3兄弟育児での体験や、考えたことのブログ。

クリティカルな家事育児② 夕食作り

スポンサーサイト

前記事はこちら。

www.katoributa.site


今日は2つ目のタスクです。

夕食作り

夕食作りは、数ある家事の中でもトップクラスに負担が大きいです。日頃の食事作りには基本的に朝食と夕食がありますが(昼食は家族が揃わないことが多いので)、夕食がはるかに負担が大きいです。それは、以下の理由からです。

メニューのバリエーションがある程度要る

まず、毎日メニューを変えなければならないです。朝食は毎日同じ(例えばパンとコーヒー)でも構わないが、夕食はそうはいきません。子どもなんて新しい料理は作ってもなかなか食べないんである程度でいいんですが、一応いろんな料理に触れさせたい。するとバリエーションが必要です。短く見積もって2週間以上のサイクルが欲しいかなと。

美味しいといいなあ

求められる味も朝食に比べ高いです。朝食に満足感はさほど求められないですが、夕食にはそれなりに求められます。これもある程度でいいんですけどね。子どもはおいしくても食べないこと多々ありますからね。でもパートナーは大人ですからね。

外注しにくい

もちろん外食や中食(惣菜や弁当を買う)を適宜取り入れることは可能ですが、料理のバリエーションが足りないので、毎日というわけにはいきません。週1や2がせいぜいという印象。子どもは好き嫌いが激しいので、外で食べたり買ったりするものは食べないことが多いこと、子どもが食べるものに限定すると、同じメニューになってしまうことが主因。極端な話、夕食がカレーとか、カレーとか、カレーとかになってしまいます。

スピードが求められる

共働きなら保育園に子どもを預けているでしょう。例えば17時に仕事を終えて保育園に迎えに行って帰ってきて、ご飯を作って食べさせてお風呂に入れて寝かせる、子どもの睡眠時間をちゃんと確保しようとすると、ここまでを21時から22時までの間に終わらせなければなりません。寝かしつけまで考えなくても、そもそも子供は夕食をあまり待てない。スピーディーな夕食作りが求められます。

結果、ある程度のスキルが要る

上記の理由から、夕食作りにはある程度のスキルが求められます。バリエーションがあって美味しいメニューを考えて、それをスピード感を持って作るというスキル。スキルが足りない場合は、そもそも任せられない、という事態もあり得ます。

でも救世主がいる!!

というわけで夕食作りはなかなか大変です。 しかし、ここで救世主が!

パルシステムオイシックスには、夕食用のキットがあります。このキットを利用することで、上記の問題の大半はクリアできます!特にキット側でメニューを考えてくれるのは素晴らしい。こういったサービスは忙しい共働きの家庭ではぜひ利用すべきです。我が家はパルシステムオイシックスを併用してめちゃくちゃ夕食作りの負担が減りました。

ヨシケイというのもありますね。こちらはキットしかないということもあり(キット以外にもいろいろ頼みたいことがあるので)利用していません。

https://www.oisix.com/shop.kounyuu—oic_intro_shinki_kit__html.htm

というわけで、負担が大きくて分担すべき家事②は夕食作りでした。 ではまた次回。